インフォメーション

文科省研究開発局長の国立天文台訪問

NEWS

2020年8月6日に文部科学省の生川研究開発局長が国立天文台三鷹キャンパスを訪問し、先端技術センターや、TMTの主鏡分割鏡の試作品展示などを視察されました。視察に先立つ説明の中で、TMT建設計画に向けた提案書がTMT国際天文台から米国国立科学財団(NSF)へ提出され、今後NSFの正式参加に向けた審査・手続きが進んでいく予定であることなどを、TMT計画の現状として常田台長からご説明しました。

TMTの展示室では、TMT副プロジェクト長の岩田が解説を担当しました。また、マウナケアにおけるハワイ文化と天文学との共存を目指した関係者との対話を続けており、国立天文台をはじめとするTMT国際天文台のパートナーが一致して、TMT計画の実現に向けた努力を継続していることもお話しました。

TMTの模型の前で説明をうける生川研究開発局長(中央)

インフォメーショントップに戻る

トップに戻る