インフォメーション

TMT現地建設作業の状況について

NEWS

TMT国際天文台はマウナケアでの工事再開に向けた作業を6月24日(ハワイ時間)に行う予定でしたが、マウナケア山頂域へ向かう道路に大きな石を置くなどの抗議活動があったため、作業を延期しています。

道路に置かれた石は6月25日・26日に抗議者の手によって除去されたため、6月25日午後には、マウナケア山頂を管理するハワイ大学マウナケア管理事務所(OMKM)の許可を得て、山頂望遠鏡関係者は登頂ができるようになりました。マウナケアで第一に優先されるのは、抗議者を含む全ての人々の健康と安全です。TMT国際天文台は、作業再開の時期について関係者と協議しています。

TMT国際天文台評議員会Henry Yang議長は、「私たちは、TMT計画に異論がある方々の存在を受け入れ、対話したいと考えています。私たちは異論がある方々の考えを尊重し、未来に向かい合意点を見出すために協力できるようになることを望んでいます」 とコメントしています。

David Igeハワイ州知事からは、次の声明が出ています。「現在私たちは、作業員、反対派、そして一般市民を危険にさらすことなく安全にTMT計画を前進させる方法を見出すよう努めています」、「私たちハワイの人々は忍耐強い。異なる意見にも耳を傾け理解し、この土地の多くの文化、特にネイティブ文化を尊重します。マウナケアの案件において、私は手順を踏み、自身が妥当だと信じる方向を示すのに最善を尽くします」。 また Ige知事は、道路封鎖は非合法であり合法的なアクセスを確保するためにハワイ州は必要なすべての措置をとること、TMT計画が前進する権利を支持し続けることも表明しています。

関連記事:

TMT建設工事の再開について (6月23日)

TMT国際天文台評議員会Henry Yang議長の声明 (英語; 6月24日)

ハワイ州David Ige知事の声明(英語; 6月26日)

インフォメーショントップに戻る

トップに戻る