役割

日本国内の幅広い関連分野の研究者がTMT計画の推進と具体的な検討に参加するための枠組みとして、TMT科学諮問委員会が設置されています。その役割として、次のようなものがあります。

  • TMT推進室と緊密に連絡を取り、プロジェクトの進捗を把握し、関連する研究者への情報提供を行う。
  • TMTプロジェクト全体の方針決定・国内の方針決定に際し、関連する研究者の意見をまとめて適切な提言を行う。

TMT科学諮問委員会の前身であるTMT推進小委員会は、2010年に、国立天文台専門委員会の一つ、光赤外専門委員会の下に設置されました。その後、国立天文台専門委員会の改組によって、2018年8月にTMT科学諮問委員会と改称されました。

メンバー (順不同)

委員長 秋山 正幸 東北大学
岩室 史英 京都大学
植村 誠 広島大学
大朝 由美子 埼玉大学
住 貴宏 大阪大学
高田 昌広 東京大学
田中 雅臣 東北大学
戸谷 友則 東京大学
長尾 透 愛媛大学
永山 貴宏 鹿児島大学
成田 憲保 東京大学
野村 英子 東京工業大学
本田 充彦 久留米大学
吉田 二美 千葉工業大学
小山 佑世 国立天文台
廣田 朋也 国立天文台