TMT科学諮問委員会の提言によって、「TMT戦略基礎開発研究経費」と「TMTに関連した研究会支援」の枠組みが作られています。

TMT戦略基礎開発研究経費【公募】

日本のTMT推進プロジェクトの描く方針と共同・連携し、長期戦略をもって包括的に実施される、TMT観測装置の実現に向けた基礎開発研究計画を募集します。
日本の独自性やアイデアを十分に活かした装置建設を行うための基礎開発から概念設計までを3年から5年程度の中長期にわたって継続して支援することを目的とし、採択課題には研究経費を配分します。複数年度にわたる研究の場合、年度ごとの応募が必要です。
平成30年度は総額2,000万円の応募を見込んでいます。本経費のこれまでの採択状況と成果については以下をご覧ください。

提出期限
平成30年5月7日(月)(必着)

提出方法
応募をご検討される方は、下記の問い合わせ先までご連絡をください。
折り返し、応募要項と提案書様式をお送りいたします。
提出の際は、様式による提案書を必ずPDFに変換の上、メール添付にてご送付ください。

提出先・問い合わせ先
〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
自然科学研究機構 国立天文台TMT推進室
安井千香子
e-mail:ck.yasui [at] nao.ac.jp ([at] を編集してください)

TMTに関連した研究会支援【公募】

国立天文台TMT推進室では、TMTを用いた観測的研究の計画立案や新たな観測装置の開発などを支援する目的で、「TMTに関連した研究会支援の公募」を行っています。

応募締め切り
随時応募は受け付けますが予算がなくなり次第打ち切ります。

旅費支給期間
2018年4月から2019年3月末まで

応募資格
日本国内の大学または研究機関に所属する方

  1. 1.日本国内で実施するTMTに関連する研究会にかかる参加者の旅費/会場借用費等開催費用の援助
  2. 2.対象者は国内の大学/研究機関に所属する研究者
  3. 3.TMTに関する議論がプログラムに明示されていること。主たる別の研究会の一部に、TMTセッションを開催する場合も対象
  4. 4.国立天文台を主催もしくは共催に加えること

応募方法
応募にあたっては「TMT研究会支援申請書」をご記入いただき、メール添付にて下記アドレスまでご送付ください。提出の際は、申込書を必ずPDFに変換の上、メール添付にてご送付ください。件名には「2018TMT研究会支援申請」とお書きください。

TMT研究会支援申請書
Microsoft Word file (20KB) PDF file (61KB)

提出先・問い合わせ先
〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
自然科学研究機構 国立天文台TMT推進室
安井千香子
e-mail:ck.yasui [at] nao.ac.jp
([at] を編集してください)