TMTブログ

TMTサイエンスフォーラム2017

投稿者:TMT推進室

2013年から毎年開催されているTMTサイエンスフォーラムが、今年はインド・マイソールにて開催されました。今回のテーマは “TMT: Beyond First Light” で、TMTに期待される各分野の研究トピックスや観測装置について議論が行われました。

11月7~9日の3日間の会期のうち、2日目の午後と3日目の午前は分科会となり、観測装置や観測モードで分かれて議論を行いました。現在、科学諮問委員会から第二期観測装置の白書の募集が出されていることもあり、それへの提案を含めて分科会でつっこんだ議論が行われたようです。青木が出席した高分散分光についての分科会では、サイエンストピックスとそれに必要な性能のおさらいのあと、白書をどのように作っていくのか議論されました。高分散分光は、可視光と近赤外の2装置(あるいはそれを統合したもの)が想定されます。装置のニーズが高いのは明らかなのですが、現時点で装置チームが組織されていない点が課題で、この会合と白書を契機としてチーム作りを進めていく方向で話し合いが行われました。

TMT高分散分光の分科会参加者(Zhixia Shen氏提供)。今回は地元インドから多数の参加がありました。

最終日の午後には各分科会からの報告がありました。装置の検討状況の違いもあり、また装置というよりも観測モードへの提言のような報告もありましたが、白書ではそれらをひっくるめて将来の装置や望遠鏡運用についての情報が集まってくるものと期待されます。

今回会場となったインフォシス社の研修キャンパスは、バンガロール空港からの移動に時間がかかるのが難点でしたが、広大な敷地に立派な会場があり、宿泊施設も快適でした。食事はカレーが毎食付きましたが、食材が豊富で飽きさせないものでした。

トップに戻る