TMTブログ

WFOS光学設計検討報告会

投稿者:TMT推進室

広視野可視撮像分光装置WOFSの開発チームは、2016年1月から約1年かけて集中的に光学設計検討を行う開発フェーズを走らせていました。そして、その最終報告会が5月2日~3日にアメリカのパサデナにあるTMT国際天文台オフィスで行われました。この報告会はこのフェーズでの検討結果を外部有識者の方々に評価していただくことを目的としており、その評価に基づいて次の開発フェーズの活動内容を決めることになります。

報告会には、検討に参加したカリフォルニア大学、カリフォルニア工科大学、南京天文光学技術研究所、インド宇宙物理学研究所、国立天文台のほか、TMTスタッフや外部有識者として世界で活躍している経験豊富な光学設計者や天文学者達が参加しました。各担当者から検討結果の報告が行われ、国立天文台からは結像光学系の光学設計や、装置に用いるガラスの材質に関する調査について報告しました。

報告会には、TV会議での参加も含めると総勢32人が参加しました。(TMT国際天文台提供)

報告会には、TV会議での参加も含めると総勢32人が参加しました。(TMT国際天文台提供)

報告会に続いて5月4日にはWFOS開発チームだけで会議を行い、次の開発フェーズで行うべき検討事項について、これはやったほうが良い、あれはやらなくても良いんじゃないか、と活発な議論が交わされました。その結果、現在の光学設計について もう少し検討を進めるほか、現在の技術課題を解決しうる新しいアイデアの提案があり、それについても検討しようということになりました。今後数回の会議を行い、次期開発フェーズでの活動内容の具体案をまとめていくことになります。

5月4日のWFOS開発チーム会議の様子。ホワイトボードを兼ねている白い壁に次期フェーズでの活動内容候補を列挙しながら議論しました。

5月4日のWFOS開発チーム会議の様子。ホワイトボードを兼ねている白い壁に次期フェーズでの活動内容候補を列挙しながら議論しました。

トップに戻る