TMTブログ

愛媛大学で七夕講演会

投稿者:TMT推進室

「全国同時七夕講演会」は、七夕や伝統的七夕の前後の期間にわたり、全国各地で天文や宇宙の講演会を実施するイベントです。7月22日に愛媛大学宇宙進化研究センターが、全国同時七夕講演会2018の一環として、一般講演会「宇宙への招待」を開催し、臼田も講師として参加しました。

愛媛大学の松岡良樹さんが、「すばる望遠鏡で挑む最遠の宇宙、そしてその先へ」、臼田が、「宇宙の謎に挑む超大型望遠鏡TMT」というタイトルでお話ししました。この講演会は、科研費の新学術領域研究「なぜ宇宙は加速するのか? ― 徹底的究明と将来への挑戦」の共催でもあります。

気温30度を超える真夏日の午後にも関わらず、200名を超える方が参加してくれました。講演後は参加者の皆さんから積極的な質問があり、1時間近く質疑応答をおこないました。

後日いただいたアンケートでは幸にも大変好評で、次のような声をいただきました:

・難しい話を分かりやすく説明いただいて、満足です。
・非常に高度な内容を素人にも分かりやすく、素晴らしい講演会でした。
・講師のお話のスキルがとても高く驚きました。
・今後の宇宙の研究に、さらに興味が出て来た。
・現在の最新研究の動向を知ることができて楽しかった。
・TMTの完成がとても楽しみです。世界的に見ても必要だと思った。
・鏡を使用していることに感動した。

愛媛県では西日本豪雨災害もありましたが、皆さん元気で、宇宙のスケールの大きさを実感していただけたのではないかと思います。

 

トップに戻る