TMTブログ

TMTにおける教育や人材育成の検討会が開催される

投稿者:TMT推進室

TMTは人類がこれまでに見たことのない宇宙を探るために建設される望遠鏡です。そのために世界規模の協力で計画を進め、最先端の技術が動員されます。

このようなTMTの特質を生かした教育や人材育成について検討する会議が、9月15日から3日間、米国ハワイ州ヒロで開催されました。ヒロはTMTの本部の設置予定地で、日本のすばる望遠鏡の山麓施設もおかれています。

こ の検討が始められた背景には、NSF(米国国立科学財団)がTMT支援の方針を示すなかで、特に理工系の教育・人材育成にプロジェクトがいかに寄与できる のか明らかにしたいということ、また建設地ハワイでの職業教育をどのように進めるのか検討したいという事情があります。この検討会ではより広く、5ヶ国で 進めるプロジェクトが、参加国の教育事業にどのように貢献できるのか考えようとしています。

日本からはTMT推進室の青木がメンバーとして出席しました。日本でも、天文学や望遠鏡建設は、広く基礎科学や技術を学ぶうえで貴重な題材となると考えられます。

これまでも国立天文台は、天文学の普及や教育に力を入れてきていますが、TMT計画によってより広く物理学や生物学、さらには工学分野にも貢献できる可能性があります。TMTが様々な教育の場面で貢献できるように、今後の検討にのぞんでいきたいと考えています。

P1040681

トップに戻る