TMTブログ

「三鷹・星と宇宙の日」の準備作業

投稿者:TMT推進室

「三鷹・星と宇宙の日」は、年に一度の国立天文台三鷹キャンパスの特別公開で、今年は10月24日から25日にかけて開催されます。今回のメインテーマは、「宇宙のフロンティアに挑むTMT」です。25日の講演会では、TMT推進室・家正則教授がTMT計画やTMTが拓く新しい宇宙観について、わかり易く解説します。また、サイエンスカフェでは、最新の天文成果を語り、分光器実験では天文観測の基礎にふれます。カードゲームや塗り絵など、天文学で楽しく遊ぶ企画も準備しています。大人から子どもまで楽しめる企画が盛りだくさんですので、この機会にぜひ、三鷹キャンパスにお越しになって下さい。特別公開についての詳しい案内は、「三鷹・星と宇宙の日」ウェブサイトをご覧下さい。

写真は、「TMTの大きさを実感してみよう」という25日の企画のための準備作業の一コマ。25日の講演会も開催される、すばる棟大セミナー室に、すばる望遠鏡の主鏡サイズのシートを広げています。本当は、TMT主鏡サイズのシートも広げて準備を進めたかったのですが、屋内ではスペースが足りませんでした。DSC03640_web

 

展示前日の作業。30mシートを設置しました!DSC03649_web円形にして分割鏡も部分的に書き込みました。DSC03660_web明日は晴れますように! (雨天の場合「TMTの大きさ実感」展示は中止です。)

(追記) おかげさまで25日は晴れました。写真は、30メートルシートを上から眺めたところ。右隣の建物は天文機器資料館です。 青いシートはすばる望遠鏡主鏡の大きさを表しています。GIMGP0701_BR2d_web

関連記事:「三鷹・星と宇宙の日2014」 (TMTブログ)

トップに戻る