TMTブログ

望遠鏡と装置開発の国際学会に参加(全体組織委員会)

投稿者:TMT推進室

オースティンで開催された、SPIE Astronomical Telescopes + Instrumentation(以下 SPIE)2018の5日目に、次回 2020年のSPIEが横浜で開催されることが、全体組織委員会で正式に承認されました。東京オリンピック開催の1ヶ月前、2020年6月14日-19日にパシフィコ横浜での開催となります。

2年ごとに開催されるSPIEは、1980年代から北米と欧州とでほぼ交互に開催されてきました。1996年以降SPIEの組織委員を務めてきた家から2012年のSPIE日本開催を提案し、一旦合意されたのですが、2009年の金融恐慌のため実現しませんでした。SPIE2016 エディンバラで再び全体組織委員長を務める機会があり、SPIE2020の日本開催を提案し、今回の運びとなりました。

SPIE2020 横浜では、国立天文台の井口聖氏とジェミニ天文台のAlison Peck氏が全体組織委員長を務めます。観測天文学界では初めての大規模な国際会議の日本開催となるため、今後、現地組織委員会(LOC)を組織し準備を進めることになります。

元SPIE全体組織委員長、日本政府観光局MICEアンバサダー 家正則

SPIE2018 全体会議で、次回 2020年の開催地を告げる井口聖 全体組織副委員長 (写真提供:SPIE)

トップに戻る